会社情報

ごあいさつ

明日を切り拓くベンチャー企業として

代表取締役 稲葉 芳久 当社は、平成12年にゴムのリサイクルに取り組むベンチャー企業として設立致しました。平成15年には愛知県大府市に、ゴム製造会社の生産工程で発生する未加硫廃ゴムをマテリアルリサイクルする事業を開始しました。
 平成17年および18年に積極的な設備投資を行い、ゴム混練り2ライン、配合設備、種々の試験設備等を新たに拡充し、本格的にゴム混練業界に進出しました。このゴム混練り設備類は、自動運転条件下によるPC制御により、一定の優れた品質の製品を製造する事が可能な生産ラインであります。また、同時に全ての製造実績がネットワーク上で自動記録され、高いトレーサビリティで品質保証できる量産型のゴムコンパウンドの生産システムであります。当社の目指すゴムコンパウンドは安定した高品質製品、小ロット対応、短納期と価格競争力であり、今後もお客様のご要望にお応えできるよう努力邁進して参ります。
 平成22年12月に中国浙江省湖州市において艾恩比橡塑科技(湖州)有限公司を設立致しました。ゴム混練事業に対しての中国の厳しい環境規制をクリアして、丸石化学品株式会社と共同で平成25年1月よりゴムコンパウンドの生産を開始しました。当社本社工場と同型の日本製ゴム混練設備の導入によりゴムコンパウンドの開発期間の短縮が可能となり、日本国内で培った生産データの蓄積と技術ノウハウの活用により日本品質のゴムコンパウンドの量産化が実現しました。中国市場におきましても、今後も積極的な設備投資を行い、中国マーケットの需要にお応えできるよう体制を整えて参ります。
 一方、日本国内においては平成26年12月にダイソー株式会社(現社名:株式会社大阪ソーダ)の資本参加を受け、今後特殊ゴムコンパウンドの分野にも注力して参ります。

 株式会社INBプランニングは、創業時のベンチャースピリットを維持しつつ、積極的に社会や産業の発展に貢献していきたいと考えています。一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

株式会社INBプランニング
代表取締役 稲葉 芳久