ゴムコンパウンド事業

混練り工程

配合工程で計量された原材料を混練り工程では均一に分散させる必要があります。配合毎に混練り条件は異なり従来設備でムラの多かったミキサーでの混練りを、最適環境下で再現性のある混練り条件をPCでコントロールする事により、品質の安定化を可能にしました。

検重・仕込み

配合コードを呼び出し、配合工程で計量された原材料を、混練り前に再度検重(検量)します。検重後にバーコード照合を行い、配合重量と一致しなければ、混練り機が作動しないシステムになっている為、仕込み間違いを防止します。

検重・仕込み検重・仕込み

混練り(ミキシングコントローラー付き75L加圧ニーダー)

混練りは、品番毎に設定した最良の条件(混練り時間、温度、電力量、ラム圧、ローター回転数等)を、自動運転により行います。
混練り状態は、リアルタイムでPCの画面に混練りチャートが表示されます。また、最適混練り状態(履歴)も同時にPCの画面に表示される為、混練りにおいてトラブルが発生した場合、早期発見、早期対応が可能です。

混練り混練り混練り

分散・冷却

分散性、冷却性の優れた最新の22’ミキシングロールです。ドリルドロールを採用しているので、ニーダーより搬送されたコンパウンドは急速に冷却圧延されます。
ブレンダーへ供給されると同時にブレンドタイマーが起動し、時間を一定管理する事で均一な分散を得られます。尚、ロールの速度は可変式になっているので、配合にあった条件を得る事が出来ます。

分散・冷却分散・冷却分散・冷却

冷却・荷造り

22’ミキシングロールへ送られた練り生地は、お客様の要求に合った厚みへデジタル調整にて行い、次工程のBOM(バッチオフマシーン)へ送られます。防着液を塗布しさらに冷却されたゴムは、お客様の使用用途に応じて、リボン、シート、スラブ等に荷造りします。 リボン接合工程では、リボンを連続でプレス作業等に使用出来る様に、全て接合して納品致します。お客様の作業工数低減へ寄与致します。

冷却・荷造り冷却・荷造り冷却・荷造り冷却・荷造り

作業確認

混練り実績は、全てサーバーに自動転送されます。その為、計量記録同様、管理者が管理PCでダブルチェックができ、高いトレーサビリティを実現しております。

作業確認作業確認